カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

2018年11月13日

固定資産税について

[013 福沢ブログ]

こんにちわ。

藤沢店の福沢です。

気温もすっかり寒くなり、今年も早いものであと2か月をきりましたね。

 

先日、お客様に「固定資産税ってなに?」「いくらぐらいかかるの?」とご質問がありましたので、

固定資産税について書かせていただきます。

 

 

【固定資産税】

固定資産税は,毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)現在,土地,家屋,償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

 

○ 固定資産税の税率

固定資産税の税率は,1.4%です。

 

○ 固定資産税の税額算定

固定資産税は,次のような手順で税額を算定します。

ア)固定資産を評価し,その価格を決定し,

その価格をもとに課税標準額を算定します。

 

イ)課税標準額×税率(1.4%)=税額となります

 

* 課税標準額は,原則として,固定資産課税台帳に登録された価格をいいますが,住宅用地のように課税標準の特例措置が適用されている場合や,土地について税負担の調整措置が適用されている場合は,価格より低く算定されています。

 

● 納める人(納税義務者)

   固定資産税を納める人は,原則として固定資産の所有者です。具体的には,下記のとおりです。

 

土  地

土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人

家  屋

家屋登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人

償却資産

償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

 ただし,所有者として登記されている人が賦課期日前に死亡している場合等は,賦課期日現在で,その土地,家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

住宅を購入されるときの参考までに書かせていただきました。

以上藤沢店 福沢でした。