カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

2018年10月30日

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

[012 菅野ブログ]

こんにちは!

営業の菅野です。

 

世間はすっかりハロウィンで賑わっていますね。

これから更にクリスマス・お正月とイベントが続きますので

忙しく、時間が経つのも早く感じる季節になりました。

 

さて、先日の朝原のブログと同様にお客様からご質問がありました。

 

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」

 

皆様はご存知でしょうか?

 

ざっくりご説明すると

親兄弟も含め、人から財産をもらうと贈与税がかかってきます。

ただし、1年間にもらった財産の合計額が110万円(基礎控除額)以内であれば贈与税はかかりません(暦年課税)。

また、住宅の購入・新築・増改築等の契約を結びその資金を親や祖父母などからもらう場合、

消費税8%の物件なら一般住宅で700万円まで(一定基準を満たす住宅:1200万円)

贈与税がゼロになる「住宅取得等資金贈与の非課税」という制度を利用出来ます。

110万+700万(最大1200万)=810万円(1310万円)

消費税が10%に上がる上がらないの話題がありましたが、

実際に2019年10月に消費税が10%に増税された場合、

上記非課税枠が2500万まで引き上げられるそうです。

 

これにも条件があり、そもそも2019年10月に増税される前提でのお話になりますが

新築・中古戸建、注文住宅、マンション全ての物件で

4/1以降に契約、10/1以降のお引渡しでないと消費税計算は10%で計算されません。

 

4/1以前の契約は8%の計算で注意して頂きたいのが4/1以降に契約して

お引き渡しが1か月後の5/1では増税前なのでこのケースも8%計算になります。

 

だったら4/1以降に探せばいいじゃん!という結論になりますが、

先ほども言った通り、10月に10%に増税されるとは限りません!

これについては誰にも分かりませんよね。

贈与を受けない方は関係の無いお話になりますが・・・

 

 

4000万に対して8%で4320万、

10%で4400万円。

 

数字上はたった80万に思えますが考えてみて下さい。

 

1万円のステーキが80回食べられます。

家具だって一通り揃えられます。

 

増税前に購入するか増税後に購入するか、

贈与を受けるのか受けないのか。

人それぞれ違ってくると思いますので

どのタイミング動いたらいいのか分からない方は

お気軽にご相談下さい。

一緒に考えさせて頂きます。

それでは!

 

 

2018年10月5日

地震について

[012 菅野ブログ]

 

こんにちは!

営業の菅野です。

 

日中は晴れていてもあまり暑さも感じられなくなり

もうすっかり秋模様になってきていますね。

 

日本では季節とは関係なく地震が発生してます。

一昨日も千葉・茨城県で震度4の地震が観測されました。

実際には日本では震度1~3の揺れを感じることの出来ない地震も

毎日どこかで観測されています。

 

なぜこんなにも地震が起こるのでしょうか。

地球上にある十数枚しかないプレートの内、4枚が日本にあるそうです。

プレートは各々動いており、それらプレートの戻ろうとして

起こる反発力により地層に響き、地震が起こるという訳です。

 

弊社に来られるお客様もこの家は大丈夫なの?という質問を

よく頂きます。

建物は建築基準法をクリアしていないと建築することは不可能です。

建築基準法は過去何度も改正されており生きた法律とも呼ばれております。

 

全国全ての建物に耐震設計が義務付けられたのは1950年。この年に建築基準法が制定されました。

1964年に新潟地震、1968年に十勝沖地震が発生し、1971年に建築基準法の改正がありました。

その後1978年の宮城県沖地震を経て1981年6月に大きな改正がありました。

1981年6月以降の耐震基準を「新耐震基準」と呼ぶようになり、

1981年5月以前のもの(旧耐震)と区別するようになりました。

 

その後も建築基準法の改正は行われ、1995年の阪神淡路大震災を経て2000年の改正、

2004年の新潟中越地震を経て2005年にも改正、と繰り返されています。


2006年には姉歯事件と呼ばれる耐震強度構造計算書偽装事件が起こり、

2007年には建築確認申請の厳格化などを盛り込んだ建築基準法の改正も行われました。

 

売主様も各物件で耐震等級を取得していたりと災害についてはどこの

建物も力を入れて建てられております。

 

中古物件に関しては建物診断(インスペクション)をしてみるのも

一つの安心材料になるのでいいかもしれませんね。

 

日本には地震が起きない場所は無いそうで、

日本に住む以上は地震保険に加入しておくなど

地震とうまく付き合っていかなくてはいけません。

 

弊社には保険担当のスタッフもおりますので

ご気軽に相談頂ければと思います。

 

以上、営業のかんのでした。

 

 

2018年9月8日

天災

[012 菅野ブログ]

こんにちは!

営業の菅野です。

 

先日の台風は皆様ご無事でしたでしょうか?

東北地震と続き九州・大阪の大雨台風被害、

更には北海道の地震と天災がここ2か月間で立て続けに

起きている状況です。

最近は北海道地震の影響によりテレビ等で液状化が話題に出ていますね。

 

今回はその液状化についてご説明させて頂きます。

液状化というのは簡単に説明すると、地盤中(地表付近)の水分が

地震の揺れにより水と土で分離され地面に乗っかっている建物が沈み・・・

という現象になります。以前は流砂現象とも呼ばれておりました。

イメージし辛い方は雨上がりの地面の上で足踏みをしてみて下さい。

すると次第に水たまりが発生します。まさにこれが液状化現象になります。

 

対処法としては液状化マップを参考に物件探しをするか、

液状化マップの範囲内の場合は家を建てる前に地盤改良をすることで

対処が出来ます。

 

ご相談いつでも承りますのでご気軽にお電話・ご来店頂ければと思います。

 

残暑とはいえまだ暑い日が続きます。

お体には十分気を付けてお過ごし下さい。

それでは!

 

2018年8月5日

はじめまして!

[012 菅野ブログ]

こんにちは!

茅ヶ崎本店営業の菅野(カンノ)と申します!

今回初めてブログを担当しますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。

平成7年8月24日生まれの22歳、趣味はスケートボードです!

とはいえ暑くなってきた夏・厳しい冬なんかは億劫になってきて

なかなか気が向きませんが・・・(笑)

 

スケートボードといえば来たる2020年、東京オリンピック競技になったり

記憶にも新しい2018年平昌オリンピックで平野 歩夢選手が銀メダルを獲得したりと、

何かと話題になっていますね(何年も前の話の様に思いますが・・・笑)。

そんな平野選手はスノーボード選手だけではなくスケートボード選手としてもとても優秀なんです!

友人含め僕も今からでも遅くない!と意気込んで必死に練習中です(笑)

 

練習には持って来いの鵠沼海浜公園スケートパークですがなんと11月初旬にリニューアルされるんです!

国際レベルのパーク競技が可能な会場を想定してリニューアルされるということで期待大ですね!

 

36552251_1764428593647237_1106058360525946880_n

 

 

 

 

 

 

 

そこでスケートパークにも海にも近い物件のご紹介をさせて頂きます。

バルコニーから海が眺望できウェットスーツも収納出来る大きな

ウォークインクローゼットが御座います。

リビング横の洋室にはサーフボードの塗り付けデスクも設置されていたりと

サーファー様、海好きの方にはかなりオススメ出来る物件になっております。

 

スケートボード・サーフィンを始めたいけどなかなか踏み出せずにいるアナタ!

マイホームと一緒で最初の一歩を踏み出すのには勇気がいることですが

逆に考えて下さい、最初の一歩を踏み出すだけでそこには違う世界が

広がっていますよ!

 

マイホーム・スケートボードのご相談どちらもいつでもお待ちしております!

以上、菅野でした!!